2007/08/24

できる人と、できない人を見分ける方法

経営について話をすると、必ず人や採用の話になります。

「中小企業はなかなかいい人が採用できなくてねー」なんて、ウソなのか本当なのか、真剣に悩んでいるのか・・・真偽のほどはわかりませんが、総じて採用に悩んでいたりします。(もちろんウチもそうですが・・・。)

ということで、できる人と、できない人を見分ける方法は結構大切だったりします。
みなさん、様々なテクニックをお持ちかと思いますが、自分も一つ二つあったりします。

例えば、「今日の面接のために何をしてきましたか?」

このように聞けば、その人がどれくらい仕事ができるのか大体わかります。

面接は応募者個人の話なので、影響範囲は個人に限定されます。

しかし仕事は段取りが命。

事前に段取りをしておかなければならないことがたくさんあります。

この質問では、その段取りがわかります。

とても大切な自分自身のことでさえ、しっかりできないならば、ましてや他のことなんて・・・。

しかし、この質問でも一つ弱点があるのではないか・・・と最近感じています。

それは、「自分以上に段取りができる人がいた場合、どうなるのかわからない。」ということ。

この質問に限らず、他の質問にも言えることなのですが、質問者より良いやり方を実践している応募者がいた場合、質問者は果たして適切な評価判断ができるのだろうか・・・。

ケタ違いの結果を出している場合、ケタ違い・・・というだけあって、やり方が非常識に見えることがあります。

となると、ケタ違いの段取りをしていた場合、違和感を持って適切に評価できなくなるのではないかと・・・。

上の位にせよ、下の位にせよ、ケタが変わると考え方、行動、常識、視点、着眼点・・・あらゆることが異なってくると思います。

結局、自分がわかるのは同じケタで生きている世界。
だからこそ違う世界に触れた時に違和感を感じてしまう。

そのケタ違いの世界をうまく取り入れることができないか。

最後は何だかフワフワと抽象的な話になってしまいましたが、今この何となく感じているフワフワ感を具体化しようとしている所です。

理解ができる具体的な言葉になったら、また話をしようかなと思っています。

追伸)
相変わらず暑いですね。
それにしても東京サマーランドがえらいことになっていますね。(笑)



元ネタはこちらです。
元ネタ

写真で見てもびっくりです。
コメントも面白いので、時間がある方はどうぞ。

まだまだ暑さは厳しいですが、頑張っていきましょー。